作品の公開

企業はクリエイティブなアイデアを展示するスペースをたくさんもっており、従業員の作品をコストをそれほどかけないで公表することができます。例えば受付、駐車場、壁面、セキュリティゲート、廊下、食堂などですが、他にもたくさん使える場所があります。このような場所でアイデアを展示することにより部署間でアイデアを共有することができます。

会社の代表取締役のアシスタントをしている人間が撮った写真を玄関ロビーに展示したとして、あるデザイナーがそれを見て問題解決のヒントを得たり、新規のクライアントにあなたの企業のクリエイティブに対する姿勢を示すことができます。

あなたがもし、自分は大企業のように作品を展示、公開できないというのであれば、グーグルやアップルなどの革新的な企業の例を考えてください。彼らは内部の改革によって方向転換に成功し、成長しました。あなたがクリエイティブ産業に身を置き、従業員の才能を発揮させようとするなら「〜でないから」という判断基準は役に立ちません。

「表現の手段を与え創造力を解放させることで、その人の人生に喜びを与えなさい」

作品の公開や展示は正しく行わなければなりません。「ひっつきくん」を使って壁に貼ってみたり、しわしわのコピー用紙を延ばして飾ったりすることで済ませないでください。作品は照明にも気をつかってちゃんと展示し、定期的に更新しなくてはなりません。優秀なキュレーターがいるといないとで結果は大きく異なります。クリエイターではないけれど才能をもったあなたの従業員に「表現の手段を提供する」という専任の役割を与えてみるのもいいかもしれません。