リスクについて

ここに一人のビジネスマンがいます。まだ経験が浅く、手探り状態です。

彼にとってクリエイティブなプロセスは、さまざまな罠が仕掛けられた野道のようなもの。何が起こるか予想できず、不安ばかりが募り、やがて彼が管理していたプロジェクトは悲惨な結果に。

未開拓のエリアに踏み込まなくてはならないような場合、管理者が感じる不安感は、プロジェクト全体を硬直させてしまいます。

「創造力は、従者ではなくリーダーを必要とする。」

言うまでもなく、むやみにリスクのある選択をするのは馬鹿げています。リスクを負うことのできる人は、リスクを恐れず、必要な情報を集め、知恵と勇気をもって決断します。そのようなリーダーには自信と順応性も必要です。

「リスクがリスクである時、それはあなたが道を見失っている時。」

どうしたらクリエイティブなプロセスを理解できるのでしょうか?

まずは「やってみる」ことです。定期的にワークショップに参加したり、アイデアを形にするという作業を体感するのは管理者にとって有益です。誰もがクリエイティブな潜在的能力をもっていて、何かを「作りたい」「書きたい」「試したい」と感じています。より大きなスケールでそれを実行してみるとよいでしょう。

一度でもこれを経験すれば、たとえそれが失敗してもプロセスへの理解は深まり、前よりよい判断ができるようになるでしょう。アイデアを育み、必要なときはコントロールするという使い分けができるようになります。

「マネジメントは物事を正しく行うためにあり、リーダーシップは正しいことを実行するためにある」〜ピーター・ドラッカー