作品の価値

あなたは自身の創造性/クリエイティビティーにどれくらいの値段をつけるでしょうか。クリエイティブな作品やサービスの報酬において、正当な金額を示すことにはストレスがつきもの。壁に突き当たって結局どうしたらいいか分からなくなるほど大変なことのようです。

値段交渉をする時、到底払ってくれそうもない金額をクライアントに提示することに対して、恐怖を感じるクリエイターもいることでしょう。また、クライアント側からこちらが思っていたより低い金額を示されれば、侮辱されたように思うかもしれませんね。自分から金額を言うのを避けて、クライアントに決めてもらうのがいいという人もいます。(そうすれば対立することを避けられるから。)

報酬を決める行為には、感情的な要素がのしかかってくるものです。しかし値段交渉において、全ての人に当てはまる基本的な決まりというものがあります。

「作品の価値は、人がそれにいくら払うかで決まる」

ということ。極めてシンプルで、感情的になって泣いたり歯ぎしりしたりしても、この事実は変えられません。あなたがXという金額で売りたいと思っている作品でも、買おうする人が声を揃えてYという値段なら買うと申し出たら、その作品の価値はYという金額です。その値段で売ってしまうか、あなたの考える作品の価値に同意する人が現れるのを待つかはあなた自身が決めることですが、結局売れないというリスクは常にあります。とにかくその価値はYです。

キーワードとなるのは「そのように見る」ということ。絶対的な価値というものは存在せず、買う人が作品の中にどれほどの価値を見るかということなのです。他の人には全く無価値なものにも、自分にとって何らかの価値があるなら人は多くの金額を支払うのですから。

手入れがされておらず古びてしまった小型のグランドピアノがあるとしましょう。虫に食われ、湿った倉庫に20年も押し込まれていたような代物です。こんなピアノには何の価値もないと思われるかもしれない。処分するための費用のほうが高いかもしれません。しかし、もしそれがジョン・レノンがイマジンという曲を作った時に弾いていたピアノだと分かったら、それがどんなに無惨な状態であっても即座に値段がつけられないほどの価値を持つものに変わってしまうのです。

では、あなたの頭の中にあるアイデアの値段はどうだろう?斜陽になったエレクトロニクスの会社を世界のリーダー企業におしあげるようなすばらしいアイデアであったらその価値は?

また、あなたが書いたストーリーに値段はつけられるでしょうか?子供と魔法に関するお話のような。あなたが作曲した歌の値段は?大きな価値があると同時に全く価値がない。それをどのように見るか。あなたの作品をほしいと思う人の心が「どのように見るのか」で決まるのです。